テラスハウスの施工事例

テラスハウスに暮らすということを夢見ている人も多い現代、テレビでもテラスハウスの番組があり人気だったこともあり、一人暮らしよりいいかも?と思う人も多いでしょう。沖縄は人気のリゾート地ですし沖縄に暮らしたいと計画されている方もいると思いますが、沖縄のテラスハウスについて少し知識を持っておくといいでしょう。

テラスハウスはどんな物件なのか?

テレビ番組では一軒家がテラスハウスとして利用されていましたが本来は「一戸建て住宅がつながっている長屋のようなイメージで、個別の庭やテラスを保有している」という物件です。一戸建ては隣の家と完全に離れていますが、テラスハウスは長屋のように壁を共有しているという特徴があります。

テラスハウスは集合住宅と共有部分に違いがある

隣の家の壁を共有すると聞くとマンションなどの集合住宅と同じようなイメージを受けます。しかしマンションなどの集合住宅の場合は廊下や階段なども共有する部分があるのです。テラスハウスの場合は廊下、階段などについてほかの住人と共有することはありません。ただ賃貸物件などを見てもテラスハウス物件イコールシェアハウスというイメージが大きく、沖縄で当社の施工例に関してもシェアハウスイメージが近いものです。

沖縄にはどんなテラスハウスがある?

当社でもテラスハウスを手掛けていますが、沖縄というエリアですから注意すべき点も考慮した建築が必要だと考えています。沖縄は日射熱が強い、台風が多い、海の近くは塩害を考慮する必要があり湿気も高い地域なのでシロアリ対策なども考慮しなければなりません。そこにプラスして一緒に暮らす人たちがプライベート空間を持ちながら快適に暮らすことができる物件に仕上げています。

沖縄のテラスハウスはこういうイメージ

1階部分は大家さんが暮らし、2階がテラスハウスとなっている物件があります。もともと1件屋だったところをお子さんが独立したことで改修してテラスハウスになった物件で2階に玄関部分を作りリビングダイニングキッチンとバスルーム・洗面・トイレが共用、そのほかにベランダと洋室の居室が3つあるという作りです。このほかにも3階建て物件の3階のみテラスハウスに改修し、広々したベランダがある海を眺めながら皆さんでバーベキューなど楽しめる物件もあります。

沖縄にはほかの地域からリゾート地に仕事で来る方も多く、また若い人はマリンスポーツなどを目当てに移住する方も多いです。そんな人たちにとって家賃も安く見知らぬ土地でほかの人と一緒に暮らせるテラスハウスの暮らしは安心して暮らせるといわれます。沖縄はリゾートイメージいっぱいの物件も多いので他のエリアとはまた違う解放感あふれる暮らしができるでしょう。