テラスハウスの施工事例

テラスハウスに暮らすということを夢見ている人も多い現代、テレビでもテラスハウスの番組があり人気だったこともあり、一人暮らしよりいいかも?と思う人も多いでしょう。沖縄は人気のリゾート地ですし沖縄に暮らしたいと計画されている方もいると思いますが、沖縄のテラスハウスについて少し知識を持っておくといいでしょう。

テラスハウスはどんな物件なのか?

テレビ番組では一軒家がテラスハウスとして利用されていましたが本来は「一戸建て住宅がつながっている長屋のようなイメージで、個別の庭やテラスを保有している」という物件です。一戸建ては隣の家と完全に離れていますが、テラスハウスは長屋のように壁を共有しているという特徴があります。

テラスハウスは集合住宅と共有部分に違いがある

隣の家の壁を共有すると聞くとマンションなどの集合住宅と同じようなイメージを受けます。しかしマンションなどの集合住宅の場合は廊下や階段なども共有する部分があるのです。テラスハウスの場合は廊下、階段などについてほかの住人と共有することはありません。ただ賃貸物件などを見てもテラスハウス物件イコールシェアハウスというイメージが大きく、沖縄で当社の施工例に関してもシェアハウスイメージが近いものです。

沖縄にはどんなテラスハウスがある?

当社でもテラスハウスを手掛けていますが、沖縄というエリアですから注意すべき点も考慮した建築が必要だと考えています。沖縄は日射熱が強い、台風が多い、海の近くは塩害を考慮する必要があり湿気も高い地域なのでシロアリ対策なども考慮しなければなりません。そこにプラスして一緒に暮らす人たちがプライベート空間を持ちながら快適に暮らすことができる物件に仕上げています。

沖縄のテラスハウスはこういうイメージ

1階部分は大家さんが暮らし、2階がテラスハウスとなっている物件があります。もともと1件屋だったところをお子さんが独立したことで改修してテラスハウスになった物件で2階に玄関部分を作りリビングダイニングキッチンとバスルーム・洗面・トイレが共用、そのほかにベランダと洋室の居室が3つあるという作りです。このほかにも3階建て物件の3階のみテラスハウスに改修し、広々したベランダがある海を眺めながら皆さんでバーベキューなど楽しめる物件もあります。

沖縄にはほかの地域からリゾート地に仕事で来る方も多く、また若い人はマリンスポーツなどを目当てに移住する方も多いです。そんな人たちにとって家賃も安く見知らぬ土地でほかの人と一緒に暮らせるテラスハウスの暮らしは安心して暮らせるといわれます。沖縄はリゾートイメージいっぱいの物件も多いので他のエリアとはまた違う解放感あふれる暮らしができるでしょう。

バリアフリーリフォームの施工事例

沖縄には心優しく元気な「おばあ」たちがいます。沖縄のおばあたちはみんな元気よく明るく楽しい、でも年齢を重ねれば誰でも弱いところが多くなるのです。足腰が弱くなったり、病気をして歩くのがしんどかったり、体に支障があっても快適に暮らすために、バリアフリー住宅にするお宅も多くなっています。

バリアフリー住宅とはどういう住宅なのか

沖縄で家を建てる場合、気候のことをよく考えて建設する必要があります。バリアフリー住宅にする時も沖縄の気候に沿ったバリアフリー住宅を考えなければなりません。バリアフリー住宅は小さいお子さんから高齢者、また障害をお持ちの方も安全・安心・快適に暮らすことができる住宅となるため、沖縄では台風や塩害に強い住宅プラス誰もが暮らしに支障がない家造りが求められます。

バリアフリー住宅に必要な要素

車いすの方でも足腰が弱くなった人でも安全・安心・快適に暮らせる、そんな家造りが必要となります。廊下や階段・お風呂やトイレに手すりがあり家の内部に段差がないこと、玄関周りに幅を持たせて車いすでも通りやすく、スロープなど設けること、ドアを引き戸にしたりレバーハンドルに交換するなどが必要です。

沖縄で建てるバリアフリー住宅の施工例を紹介!

高齢者や障害をお持ちの方がご家族の中にいる時には、苦労なく動ける家づくりが求められます。当社の施工では1階に寝室を作りその近くにトイレやお風呂を設置するといった設計をお勧めしています。もちろん玄関、リビング、居室などすべてがフラットで段差のない作りにしていますし、お風呂は水の流れを考慮し転倒などリスクの少ない緩やかな傾斜をつけて段差のないお風呂を作りました。

高齢になってから困らないように新築からバリアフリーに

居室をなるべく広く取りたいということから廊下が狭い住宅もありますが、バリアフリーを考えた住宅では当社の場合、廊下の幅を90㎝以上設けて設計します。車いすを利用する場合、最低でも90㎝、回転することを考えれば150cmくらいの幅があると安心です。沖縄の住宅は庇を大きくもうけたいという方が多いので、玄関までの距離も長くなるため玄関周辺にも段差をなくしスロープにして将来足腰が弱って車いすになっても困らない住宅になります。

沖縄では塩害や台風などのことも配慮しなければなりませんが、長寿県である沖縄で高齢になっても円滑な生活ができるように、バリアフリーに関しても考える必要があるでしょう。当社にも新築の際にはバリアフリーやグローバルデザインの希望が多くなっています。住宅は外壁の防水や塗装、設備の老朽化などによって手を入れなければならないときありますが、間取りを変えるような大きな改修をしなくてもいいようにバリアフリーについてもよく考えた家づくりが望まれます。

木造家屋のリノベーション施工事例

沖縄は戦争で昔の木造住宅は消失し、戦後はRC構造の住宅が多くなりました。ただ全く木造住宅がないということではなく、木造住宅も建築されています。古くなった木造住宅をリノベーションして建物の機能性や性能を高めるご家庭も多いです。沖縄で木造住宅をリノベーションする際にどのようなことができるのか、施工例とともに紹介します。

リノベーションとは?

リノベーションというのは性能面を高める、また価値観を持った建物にする意味を持ちます。間取りを変えてより今の家族にあった住宅にしたり、例えば沖縄の木造住宅を改修する際にリゾート感いっぱいの住宅にするのもリノベーションです。古民家のレトロ感をそのままに設備を刷新し一見古く見えるけれど使いやすく快適な住宅にする、これもリノベーションとなります。

リフォームとの違いはどこにあるのか

リノベーションとリフォームは同じようなものだと考えている方もいますが、リフォームとリノベーションは違います。リノベーションはこれまでの住宅を改修し、建物の性能を向上させ価値もアップする改修です。しかしリフォームというのは「原状回復」が基本、住宅を新築した当初の状態に近くするための改修工事と言えます。

沖縄のリノベーション木造住宅はこんな感じ

沖縄にも古民家と呼ばれる木造住宅があり、沖縄ならではの解放感を持った古い住宅がたくさんあります。外観の沖縄らしい屋根と庇などはそのままに、使い勝手の悪かった玄関の大きな引き戸を新しく、広い土間にはリビングに入るスロープを付けてバリアフリーも意識しました。土間からつながっているキッチンにはアイランドキッチンに変えて使い勝手よく作り替え沖縄の古民家をそのままにレトロ感のあるリノベーション物件ができました。

昔ながらの沖縄の家「カーラヤー(瓦家)」をリノベーション

昔のままの沖縄のカーラヤー、きれいな赤っぽい沖縄独特の瓦を使った古民家を今どきの若者が快適に暮らせるようにリノベーションです。窓などの開口部は使いやすいサッシに、気持ちよく風が通るように裏側にも窓を作り、土間が広いので少し残して板張りに、こうすることでもう1部屋出来たような感覚になります。トイレやバスルームはキレイに新しいものに変更しました。2階部分をなくして寝室となる中2階部分を作ってそこにも小さい窓をつけて遠くに海が見える不思議なリノベーション住宅ができました。

沖縄には探してみると昔ながらの木造住宅がそのままになっていることが多いです。持ち主が安く売ってくれることもあるので、沖縄でリノベーション住宅暮らしを実現している方も増えています。美しい海と自然を堪能できる沖縄で木造住宅をリノベーションするのも「あり」です。

沖縄の家屋の特徴と施工事例

日本の中でも沖縄は亜熱帯気候にあるため気温は常に15度以上です。気候は雨が多く湿度が高めという特徴を持っています。日本のほかのエリアとは違う気候のため、住宅建築においても沖縄の気候や風土を考えた建築が必要となるのです。

沖縄の家屋にRCが多い理由とは

沖縄の家屋を見るとRC構造の住宅が多いことに気が付きます。沖縄は第二次世界大戦時、唯一陸上戦となったことで当時の住宅はほとんどが消失してしまったのです。戦争が終わってから沖縄の復興が始まり米国輸入工法の「ツーバイフォー」により住宅建築が始まり、この時に提供されたのが規格住宅です。

台風が多いからこそRCが多い

しかし沖縄は台風がたくさん通過するエリアであり風による被害を受けたことや、湿度が高くシロアリの被害もあり沖縄で暮らすには不安がたくさんありました。そこで注目されたのがコンクリートブロックによって建築されていた当時の米軍家族向け住宅です。コンクリートブロックによって強固に作られた住宅は台風の被害を受けることがなかったためコンクリートブロックの住宅に代わっていき、その後米軍基地の建設によって培った技術によってRC構造の家屋に変化していきました。

沖縄の家屋に必要な要素とは何か

沖縄は気候が本州や北海道とは全く違い亜熱帯気候であるため、湿度と夏の日差しの強さを考慮する必要があります。RC構造の家屋は風にも強くシロアリ被害も防げますが、夏の日射熱がこもるので沖縄の風土に適した住宅づくりが必要です。

風を取り入れ遮熱する工夫が必要

当社はそのポイントとして、風を取り入れ日射熱の遮蔽を考慮し外壁・屋根・開口部についてどう熱を抑制するか考えた家づくりを行っています。間取りや設備なども住宅にとって重要な要素となりますが、沖縄では日常生活を安心・快適に送るための要素をもった住宅作りが必要となるのです。

快適に過ごせる沖縄の家はこんな家

当社では沖縄の気候を考えた家づくりを行っています。例えば窓を開けることで風の通り道ができるように設計すればエアコンをそれほど使わなくても気持ちいい風が通り抜けます。沖縄の伝統には雨端(あまはじ)という外部空間を作る伝統がありますが、これを利用し内側からこもった空気が流れるように、また外側からさわやかな空気が入り込むような作りにすれば、沖縄特有の日射熱を緩和できるのです。

雨端は用途多様!

外部に大きな庇を作る雨端部分を駐車場としてもいいですし、家族みんなが夕涼みをしたり時には集まってバーベキューをするなど、家族にとって快適で素敵な空間ができます。
海が近いエリアなら2階にリビングを持っていき、テラスなどを広くすることでリビングからもテラスからも沖縄の美しい海を眺めることができる住宅になるでしょう。

独特な気候を持つ沖縄でご家族の皆さんが気持ちよく過ごせる家屋を提供したい、当社では「沖縄で快適・安全に暮らす」ことを考えます。台風が多い、湿度や日射熱が高い中でも家に入れば心地いい、そんな空間づくりを提供します。

海沿いの家屋の特徴と施工事例

美しい海と自然に恵まれた沖縄はリゾート地として訪れには、最高ですが、特に海の近くに暮らす人たちは「海が近い」ということになります。日本屈指のリゾート地沖縄はたくさんの観光客が訪れます。沖縄で海の近くに家を建設する時に気を付けたいことや施工事例などを紹介します。悩むこともあるのです。

沖縄の海の近くの家屋はどんな特徴がある?

沖縄で海の近くの家屋は台風や塩害に備えた作りが必要です。海が近くと風が吹いても海から塩が風に乗って住宅に吹きつけます、台風となって窓が塩で塩辛対策としてはメンテナンスと設備についての対応がありますが、特に設備に関しては塩害仕様の機器を設置し劣化から守っている住宅が多いです。

会社でも海が近い住宅については外部に設置する機器に塩害仕様を推奨しています。エアコンの室外機や外階段、温水器など外部に設置する機器は塩害対策をしている機器を利用することで交換や改修などの年数をある程度長くできるのです。

メンテナンスしやすくすることがポイント

メンテナンスしやすいような住宅設計も必要となります。お客様によってはデザイン重視ということも、その中でも水できれいに洗い流すような壁材や外部でも利用できる水辺施設をつくるのにどれでもいいですの提案や設計の提案を行っています。

沖縄で海の近くに建てた家……どんな家?

海の近くの家を建てるならやはり海が見える家にいいというというお客さまが多いです。例えばリビングダイニング、2階に広々とした、家族が食事をしている、そして海を見ることができるようになった例があります。設備などはすべて塩害仕様として、窓をついてもあらわすことができるように、また植物に水をあげられるようになった水路。ありがとうございます。1階の海辺にご家族の寝室・居室を設けました。設備も完備しています。

そのための台風に強いということも沖縄の家屋にとって重要なこととなります。台風に強い家というコンセプトで建設されていたOkinaの住宅では、シンプルなのです。沖縄は台風が年に10回近く通過するエリアです。ボックス型の家として巻き上げてくる風に対応できる家にしました。大きい庇があると台風特有の下から巻き上がっている風によって庇や軒などの壁面から出ている部分がはれるということです。

日射熱のことも考えて・・・

日射熱が強い沖縄なので海に面していない台風の風が比較的当てになりやすい家屋の裏に、沖縄建築特有のアマハジ的な部分を作り、ご家族がくつろげる空間も用意しました。に通じる窓を作り、普段はそこから風が通り抜けるようになるのでで暑さの厳しい沖縄でも涼しく快適に過ごすことができるように工夫しています。

沖縄で海の近くに家を建てたいと思うご家族も多いです。しいし沖縄の気候をよく理解していないと台風にも塩害にも対応できない住宅となってしまいます。会社では沖縄の気候や風土を考慮し、またお客様のご要望にもお応えできるように快適な住宅づくりを提供します。